▲INDEX
PC-98 Technique

このページでは主にNEC PC-98x1ユーザーのためのテクニカル情報を公開します。
ただ、2001年夏より筆者メインマシンがPC/AT互換機へと移行したため、近年の情報についてはPC/AT互換機の情報も含んでいます。


連載解説
MS-DOSの基礎知識
 その壱
 その弐
 その参
98DOSユーザー必読!
WindowsユーザーのためのDOSプロンプト
 1 DOSプロンプトとは(01/03/19)
 2 カレントディレクトリとカレントドライブ(01/05/01)
 3 起動ディスクの作り方(01/06/10)
 4 pathとは(01/06/24)
 5 COPYコマンド(01/08/11)
 6 MOREとTYPE(01/08/11)
DOSプロンプトを知らないWindowsユーザのための入門講座
(工学社 月刊I/Oにて2001年4月〜9月号まで連載)
実用 DOSコマンドリファレンス
 1 DOS環境系コマンド(DATE/TIME/PATH/VER)(01/12/19)
 2 ファイル操作系コマンド(COPY/DEL/ATTRIB/REN/XCOPY)(02/02/17)
 3 ディレクトリ操作系コマンド(DIR/CD/MKDIR/RMDIR)(02/06/16)
 4 テキスト操作系コマンド(TYPE/MORE/FIND/SORT)(02/06/16)
 5 ディスク操作系コマンド(FORMAT/SYS/FDISK/CHKDSK/SCANDISK/DISKCOPY)(02/06/16)
 6 ネットワーク操作系コマンド(PING/TRACERT/IPCONFIG/ROUTE/NETSTAT/FTP/TELNET)(02/06/16)
DOSコマンドを種類別に紹介
(工学社 月刊I/Oにて2001年10月〜2002年5月号まで連載)
PC−98トラブルシューティング よくあるトラブルの解決法を伝授
ゼロからのMS-DOS講座(98/11/09) MS-DOSについて真に理解するための連載解説!
短編解説
初心者のための 最低限のMS−DOS 最低限度の基本事項だけを要約
巨大ファイルのフロッピーによるコピー法 1.44MB以上のファイルをフロッピーディスクを複数使ってコピーする方法
MS-DOSとWindows95のファイルシステム相違点と
使用上の注意
DOSとWindows95を併用する人必須
簡単CPUクロックアップ法 ジャンパースイッチを変えるだけでCPUのクロックアップが出来る。
Windows起動時のロゴを変える方法 無愛想な起動画面に飽きたら自作してみよう
ベースクロック80MHz化 従来最高66MHzまでのベースクロックを80MHzにする方法
AUTOEXEC.BAT/CONFIG.SYSリファレンスマニュアル AUTOEXEC.BATとCONFIG.SYSの書き方と文法を説明
Windows95を使い倒す10の方法 Windows95を真に使い尽くすための方法
ハードウェア割り込みの基礎知識(98/4/23) 一般的に理解の難しい割り込み(IRQ)について解説
旧PC-9821 MMX化手法(98/8/4) Classic Pentium搭載機にMMX Pentiumを!
Windows95システムダイエット(98/8/16) 旧機種でWindows95を使うための延命策
CD-ROMアクセス用MS-DOS起動ディスクの作り方(99/1/10) MS-DOSからCD-ROMドライブを使えるようにする方法
Windows95レジストリ ミニテクニック(99/3/4) レジストリを手動でバックアップするための方法など
PC-9801ディップスイッチ設定(99/3/30) PC-9801のハードウェアディップスイッチ設定一覧
PC-9801のRGB31KHz化改造(99/7/12) PC-9801のRGB出力24KHzをATの31KHzに変更する方法
PC-9821Cs2のRGB31KHz化改造(00/01/08) PC-9821Cs2限定RGB出力24KHzをATの31KHzに変更する方法
FDISKの使い方(02/06/23) HDDの領域分割に必須なFDISKコマンドの使い方解説
右クリックメニューから任意のアプリケーションで開く(05/04/09) Explorerでファイルを選択しての右クリックメニューに任意のアプリケーションから開くメニューを追加する方法を解説
番外編
PC-98Classic(02/02/17) 往年の名機紹介
愛機PC-9821Xv13/R16のすべて(01/08/11) PC-9821Xv13/R16の始まりから終わりまで



Copyright(C)1996-2005 JSRC/All rights reserved.